兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

兵庫で素敵なリノベーション/ 知っておきたい…リノベーション基礎知識/ セルフリノベーションとは?メリットとデメリット

セルフリノベーションとは?メリットとデメリット

セルフリノベーションとは?

業者に頼まず、自分でリノベーションを行う「セルフリノベーション」が流行っています。自分の思い通りにできる、業者に頼むより安くすむ、などと人気がありますが、果たして本当にそうでしょうか?

セルフリノベーションのメリットとデメリットをご紹介します。

セルフリノベーションのメリット

DIYで行うセルフリノベーションの場合、大きなメリットとして「必要な素材の知識やリノベーションの技術を身につけることができること」と「材料費だけなので業者に頼むより安く仕上げることができること」というのがあります。

リノベーションを業者に頼むと、メイン素材の種類や色、効果などの説明を受けることができますが、それ以外の部分については「なぜ、その素材を使うのか?」「その効果は、ほかとどう違うのか?」などの詳細については、業者任せになってしまいがちです。しかし、セルフリノベーションの場合、メイン素材はもちろんのこと、使用するネジ1本まで、自分で選ばなくてはなりません。

そのため、素材の違いによる効果の違いやどのような選択肢があるのか、思い描いている完成図に近づけるためには、どのような工程を踏まなければならないのか、など、素材の知識や技術を身につけることができます。

そして、セルフリノベーションの場合、金銭的な負担は材料費のみになります。また、同じ素材でも、どこで購入するかによって値段も変わってくるため、セルフリノベーションの場合は、自分で一番安く購入できる場所を探すことも可能です。

セルフリノベーションのデメリット

素材に関する知識と技術が身に付き、費用が安く済むセルフリノベーションですが、デメリットもあります。大きなデメリットは、「マンションの場合、管理規約によりリノベーションにも制約でてくる可能性があること」と「思った以上に地道な根気と体力が必要であること」です。
リノベーションは、完成後のきれいなイメージにばかり目が行ってしまいがちですが、そのイメージを現実のものとするためには、とても地道な数多くの工程をこなさなくてはなりません。その作業を続けていくために必要な根気と体力は想像以上です。
軽い気持ちでセルフリノベーションにとりかかり、あまりの作業の大変さに途中で投げ出したくなる人は大勢います。なかには、作業途中で業者に続きを依頼するケースもあるぐらいです。

セルフリノベーションでは、完成したイメージばかり追いかけてしまいがちですが、実際のリノベーションは、経年劣化による変化なども考慮して行わなくてはなりません。例えば、壁や床を自分できれいに仕上げたと思っても、数年経ったらカビや水モレが発生した、下地工事を自分できちんとしたつもりが、実は、できていなかった。などという可能性もあります。

業者に頼んだ場合、熟練した職人さん達の手慣れた様子をみて、つい、自分でもできそうだと勘違いしてしまいがちです。しかし、実際には、素人が行うセルフリノベーションとプロが行うリノベーションとでは、仕上がりの美しさも比べ物にならないため、注意が必要です。

そして、セルフリノベーションには、「できること」と「できないこと」が存在します。例えば、電気やガス、水道の設備工事には専門の資格が必要です。そのため、資格を持っていない素人がセルフリノベーションで、それらの工事を行うことはできません。

また、システムキッチンやユニットバスなど大きな設備を作ったり、床や壁の下地工事などは難易度が高く、豊富な専門知識が必要となってくるため、セルフリノベーションはおすすめできません。キッチンやバス、床、壁などは、普段の生活の中で使用頻度も高く、避けて通れない部分です。慣れない素人仕事で苦労して完成させても、のちのちトラブルに見舞われたのでは目も当てられません。業者に頼んで、リノベーションして貰うのがおすすめです。

マンションの場合は、それぞれのマンションで定められた管理規約があります。そのため、例え、分譲マンションと言えど、その管理規則に違反してしまうと、退居を余儀なくされたり、ご近所さんから訴えられてしまう可能性もあります。

リノベーション前提で、マンションを購入する場合は、購入前にそのマンションの管理規約にしっかり目を通し、あいまいな部分がある場合は、事前に管理組合に相談し、はっきりさせておくことがとても大切です。この管理規約は、マンションによっては、定期的に改訂される場合もあります。必ず、最新の管理規約を確認するようにしましょう。

業者とDIYリノベーションどちらがいいの?

自分で行うセルフリノベーションは、費用を安く抑え、リノベーションの知識や技術を身につけられるため、とても魅力的に感じます。しかし、美しい仕上がりや、経年劣化による変化まで見越したリノベーションができるのはプロである業者です。プロとしての長年の経験と熟練した技で行うリノベーションであれば、リノベーション後も、安心して住むことができます。

PAGE TOP