兵庫で一つ世界に一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの定義とは

住宅の改修などを表す言葉としてよく使われる「リフォーム」と「リノベーション」。両者は似て非なるものなのです。

混同して使っている人、同じことだと思っている人はとても多いでしょう。そこで、リフォームとリノベーションについて、しっかり理解するために両者の違いを説明しましょう。

そこで、まずリフォームとリノベーションの定義について考えてみました。

リフォーム

リフォームは、広い意味で住宅の改修を指しています。

例えば、クロスを替えたり塗装を塗り替えたりといった小さな改修や、トレイを新調した、キッチンをシステムキッチンにした、といった大掛かりな改修工事、あるいは家を増築して間取りを増やした、といったものまでその全部をまとめてリフォームと呼んでいます。

ただし現在の不動産情報などでは、一般的には古くなったものを新しいものに替えたりきれいにすることをリフォームと呼ぶことが多いよう。賃貸住宅では、「原状回復」という表現をすることもあります。

リノベーション

リノベーションは、実際にはリフォームと共通している部分があるので、明確に分けるのがなかなか難しいものです。

リノベーションは英語で「renovation=刷新、修復」という意味合いを持っています。つまり、原状回復にプラスして機能や価値を高めることが本来の意味。

具体的には、古い住宅の最も基本となる配線や配管などを最新のものにする、あるいは壁を補強して耐久性と耐震性をアップさせるといった補修などが一例です。

家としての価値を高めたり、間取りを替えたりデザイン性を加えることで住む人の希望や使い勝手に合わせるといったことを指しています。リノベーションは原状回復+αで家そのものの価値を高めるので「中古物件の再生」ともいわれます。

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームとリノベーションの関係は、リノベーションがリフォームの中のひとつのカテゴリと考えるといいでしょう。

それでは、具体的にどのように違うのでしょうか。大きく分けると2つのポイントがあります。

工事の規模の違い

  • リフォーム=小規模な工事、クロスや塗装のやり直し、水回りやキッチンなどの交換など
  • リノベーション=大規模な工事、間取りの変更、配管や配線設備の変更など

施工後の性能の違い

  • リフォーム=新築時同等またはそれ以下、いわゆる原状回復や、最小限の見た目の回復工事
  • リノベーション=新築時以上、原状(新築時)より高い性能を持たせて居住者がより快適に住めるための補修や変更を行う工事

つまり、これまでの状態を表面的にきれいにするのがリフォーム、根本から見直してもっといい家にするための工事がリノベーションと考えるといいですね。

PAGE TOP