兵庫で一つ世界に一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

リノベーションで増築をする

リノベーションの中でも増築は、住まいの可能性の幅を広げる魅力的な工事です。増築リノベーションには具体的にどのくらい費用がかかるのか。また、増築に関する注意点やチェックしておくべきポイントについてご紹介していきます。

増築する際に注意するポイント

増築は建物の広さを増やす工事です。そのため建築基準法についてしっかりチェックする必要があります。建築基準法によっては希望通りの増築ができないこともあるため、事前によくチェックしてくださいね。

建ぺい率

建ぺい率は、建物の面積が敷地面積に対して占める割合のことです。もし建ぺい率ギリギリに建てられた住居だと、増築は難しくなります。

3階建

実は2階建てと3階建ての建物では、基になる造りが大きく異なります。そのため2階建ての住居を増築して3階建てにするのは無理があるのです。また、地域によっては容積率の関係で増築できないことも。

建築工法の違い

建築の工法には様々な種類があります。もしも元の建物の工法と増築の工法が違うと、接合部運に無理が生じてしまいます。耐震性も低くなるため、増築は建物と同じ建築工法で行わなければなりません。

既存不適合建築物

1981年施工の耐震基準に関する「新耐震」に適合していないor施工以前に建てられた住居は、不適合建築物とされます。改めて耐震診断や耐震改修工事を検討しましょう。

気をつけるべき建築基準法「建ぺい率」について

「建ぺい率」というのは、敷地面積に対する建築面積がしめる割合のことです。もしも建ぺい率を超えて建物を増築してしまうと、違法建築になってしまうため注意が必要。また近所の家との距離が近ければ増築による建ぺい率のトラブルも発生してしまいますので、増築の際はリノベーション会社と建ぺい率についてしっかり相談しておきましょう。

増築する際は申請が必要

建物を増築する場合は、各自治体に事前の届け出をしなくてはなりません。これは「確認申請」といって、増築する建物の地域が防火地域・準防火地域に指定されている場合であれば必須になります。もしそれ以外の地域で増築をするとしても、10㎡を超えて増築する場合は確認申請をしなければなりません。
確認申請では、増築の設計図面などを役所に提出します。そしてその地域の建築基準に合っているかの確認がされるのです。出した確認申請が問題なしと判断されれば「確認済み証」が交付され、増築後にもう一度役所の確認を受けると「検査済み証」を交付されます。
ちなみに確認申請に必要な費用は、30㎡以上100㎡で31,400円、100㎡以上200㎡以下で44,000円、200㎡以上500㎡以内で61,000円になります。施工会社などを通して申請しておきましょう。

増築リノベーションの費用

リノベーションの中でも、床面積を増やすタイプの工事を「増築」といいます。増築にかかる費用の目安は、大体4~6畳の部屋を一部屋プラスするために200万円ほど。ただキッチンやトイレのような水回りのある増築では、設備機器や配管工事の費用もかかるため費用はもっと上がるでしょう。条件によって細かく変わる増築リノベーションの費用を、くわしくご紹介していきます。

トイレの増築費用相場

トイレの増築費用

トイレを増築するにあたって、トイレの本体価格と設置費用、それから床や壁の張り替え、照明器具の取り付けと電気配線・配管工事の費用がかかります。総額して大体70万円ほど。ただしトイレの本体や照明器具の選び方によっては、金額も増減します。

手洗い場の増築費用

タンクレストイレの場合やトイレ付近に手洗い場がない場合などは、周辺に手洗い場を増設します。手洗い場の増設費用は大体10万円前後です。

床下の補修工事

トイレを増設する箇所の床下が、もしも腐食していたりシロアリ被害が発生していたりすると、床下の補修工事も必要です。床下の補修工事は、大体5~10万円の費用がかかります。

給排水管の延長工事

トイレを設置するなら配管工事は必須ですね。もしも複雑な位置にトイレを増設する場合は、床下を防水にしたり管を伸ばしたり、ポンプを新たに足すなどの工事が発生します。大体10メートル以下の延長工事で10万円、20メートル以下の延長工事で20万円が相場です。

バルコニー・ベランダの増築費用相場

バルコニーを増築する場合の費用目安

バルコニーの増築費用は、大体が100万円前後です。床のメンテナンス費用と、ウッドデッキなどの設置費用、それからバルコニーの後付けや親切・交換の費用ですね。ただしバルコニーの面積が広ければ費用はもっと上がります。

バルコニーを新設・交換するリノベーションの具体的な例

例えば幅1.8m×奥行1mのバルコニーを後付で設置するなら、30万円ほどかかります。もしも2階に大型のバルコニーを新設するのであれば60万円ほど、バルコニーを庭に張り出す工事なら90万円ほどが相場です。他にも、駐車場の上に車一台分のバルコニーを拡張・増築するなら150万円ほど、複数の部屋をつなぐ形の大型バルコニーなら175万円ほどという例もあります。 いずれにしても、バルコニーの手すりや床面に趣向を凝らせば価格はもっと上がるでしょう。

知っておきたい…リノベーション基礎知識

PAGE TOP