兵庫で一つ世界に一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

リノベーションでローンを組むには?

リノベーション専用の住宅ローンがある

どうしても高額になりがちなリノベーション費用、実は住宅ローンを利用することができるのは知っていましたか?
「リフォーム付き住宅ローン」は物件を購入し、購入した物件をリノベーションする予定がある場合に使えるローンです。
物件購入の費用とリノベーション費用を合わせて住宅ローンでまかなうことが可能です。住宅ローンはリフォームローンと比べて金利が安くお得ですし、物件購入とリノベーションを一度のローン審査で終えられるためお手軽です。
ちなみに住宅ローンの返済中にリフォームをする場合でも、リフォーム費用を住宅ローンに組み込んで「リフォーム付き住宅ローン」とすることもできますよ。

住宅ローンを応用した「有担保型リノベーションローン」

「有担保型リノベーションローン」とは、住宅ローンを応用して借入が可能なローン形態のことです。マイホームを購入した上でリノベーションをするような場合に、それらの費用をすべて住宅ローンにまとめることができます。
ローンを組むときに自宅を担保として提供することが必要になるため、抵当権を設定しなければなりません。これはあまり住宅ローンを組むときと変わりませんね。
有担保型リノベーションローンは、購入とリノベーションが同時ではない場合でも住宅ローンをリノベーションに使うことができます。これには「住宅ローンの借り換え」を用います。例えばすでにA社で住宅ローンの残高がある場合は、それとは別の金融機関B社で住宅ローンを借りることになります。こうしてA社の残高とリノベーション費用を足した額をB社で住宅ローンとして借入すれば、リノベーション費用を住宅ローンとしてまかなえるというわけです。

有担保型リノベーションローンのメリットとデメリット

有担保型リノベーションローンには、メリットもデメリットもあります。 メリットは金利が低く、借入期間が長いこと。物件が担保になっていますから、金融機関はより良い条件でローンを貸してくれるのです。借入期間は1~35年ほどで、借入可能額は500万~1億円と全体的に高めに設定されています 。
ですがローン審査が厳しく、時間がかかりがちというデメリットがあります。また、担保を入れるため抵当権の設定などにも費用がかかるため、金利以外にコストがかかってしまうのも難点です。

後日リノベーションをする際に活用する、「無担保型リノベーションローン」

「無担保型リノベーションローン」とは、物件を購入した数年後や、すでに所有している家をリノベーションするときに利用できる住宅ローンのことです。物件購入と同時にリノベーションを決めていなかったときなどは、物件費用と一緒にリノベーション費用を住宅ローンで借り入れることができませんよね。そんなときに使えるのが無担保型リノベーションローンです。
無担保型は有担保型とは違って自宅を担保にする必要はありません。ですがその代り、金利は高めで借入額も低めです。

無担保型リノベーションローンのメリットとデメリット

無担保型リノベーションローンもまた、有担保型とは違ったメリット・デメリットがあります。 メリットとして挙げられるのは、何といっても手続きの手軽さ。ローンの借り入れ審査が比較的緩めなため、多くの人が簡単にローンを借入できます。また、担保を必要としないため、抵当権の設定といった金利以外の費用も少なくてすみます。
対してデメリットは、金利が高くて借入可能額が低いこと。無担保型の借入可能額は30万~500万円が相場です。返済期間も1~15年と短めで、有担保型とは真逆になっています。借入額が少なくて済むリノベーションには無担保型が向いていますね。

リノベーションで住宅ローンが利用できないケース

リノベーション費用に住宅ローンを利用することは基本的に可能です。しかしリノベーション費用の見積もりができていない場合には、借入額がわからないため住宅ローンは利用できません。
物件購入からローン審査を行う期間は1週間ほどと短めですから、この時点でリノベーション費用が計算できていないと住宅ローンの申し込みができなくなってしまいます。リノベーション費用を住宅ローンでまかなうなら、物件探しだけではなくリノベーションの段取りも進めておく必要があるのです。

リノベーションでも住宅ローン控除が受けられる

住宅ローン控除というのは、年末のローン残高1%が10年の間所得税から控除される制度のことです。実はリノベーション費用で借りたローンも、条件を満たせばこの住宅ローン控除を受けることができます。
リノベーションで住宅ローン控除を受けるには、もちろんリノベーション費用を住宅ローンから借り入れていなければなりません。また、ローン利用者が次の4つの条件を満たしている必要があります。

1つ目…物件の取得または増改築工事完了から6ヶ月以内に本人が入居し、控除を受ける年の年末まで住んでいること。
2つ目…控除を受ける年の合計所得が3,000万円以下であること。
3つ目…物件が生計を同じとする親族からもらったものでないこと。
4つ目…所有期間5年以上の土地・建物を売ると適用される減税を受けていないこと。

ちなみに購入した物件が中古物件だった場合には、さらに次の3つが条件として加わります。

1つ目…登記簿上の床面積が50平米以上で、床面積の2分の1以上が自身の居住用であること。
2つ目…耐火建造物なら築25年未満、それ以外は築20年未満であること。
3つ目…(2つ目を満たせない場合)耐震基準適合証明書を受けていること。

またこれらに加えて、「リフォーム・リノベーション工事費用が100万円以上であること」も条件の一つです。

リノベーションは物件と同時購入すべき

無担保型リノベーションローンは確かに審査がゆるく手続きも手軽ですが、住宅ローンと比べて金利が高く、借入可能額も少な目です。よりお得にリノベーションをするのであれば、住宅ローンで一度に物件購入費用とリノベーション費用を借入するのがおすすめ。住宅ローンであれば控除を受けられますし、金利も安く済みます。また、ローン借り入れの手続きが1回で済むため、無担保型リノベーションの手軽さにも引けをとりません。
最近では、物件購入とリノベーションを同時に行えるようなプランも多く提案されています。物件の購入とリノベーション工事は別々の会社で行うことが多かったのですが、最近では一つの会社だけで物件購入とリノベーションの手続きができることもありますよ。そういった会社であれば、住宅ローンの申し込み前にいろんな会社をバタバタ往復する必要もなくなって安心です。
もちろん物件購入とリノベーションを別の会社で行う手もあります。しかしその際には不動産会社から物件を引き渡されても、さらにそこからリノベーション会社が工事を始めてしまうため、しばらくは物件に越すことができません。しかもその場合だと、今住んでいる家の家賃と住宅ローンを二重払いすることになるため、経済的にも厳しい状況になってしまうことを覚えておきましょう。

知っておきたい…リノベーション基礎知識

PAGE TOP