兵庫で一つ世界に一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

中古マンションのリノベーション

中古マンションは比較的リーズナブルに手に入るため、リノベーションで住まいを整えるのにも向いた物件です。
リノベーション目的で購入する中古マンションのチェックポイントや、注意点、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

中古マンションをリノベーションする際のポイント

リノベーション向きの物件であるか?

中古マンションをリノベーションするつもりなら、マンションの構造や空間についての確認が必要です。
例えば壁や床をリノベーションで変えるつもりなら、壁や床を支えているマンションの構造によってはリノベーションが難しいケースもあります。部屋の柱や配管などは要チェックです。

マンション周辺の環境はどうか?

中古のマンションと言えば、物件の古さによってはインターネットやケーブルテレビの設備などが希望に合わない可能性もあります。他にも駐車場や駐輪場がマンションのどのくらい近くにあるかなど…暮らしていく上での周辺環境も確認しておきましょう。過去に修繕した履歴などがあれば、訪ねておきたいですね。

マンションの管理・整備状態がしっかりしているか?

マンションの管理は住み始めてからの安心に繋がります。廊下や階段、エレベーターなどが綺麗に整備されているか、照明や避難階段などの管理も徹底しているか…。防犯に繋がることですから、マンションの管理状況はしっかりチェックしてください。

ローンは希望通りに組めるか?

中古マンションだと、新築のマンションと比べてローンを組むのが難しいケースが多くあります。ローン審査のレベルが高くてなかなか通らなかったり、またローンを組めても期間が短かったり…。ローンが希望通りに組めるかを確認してみてくださいね。

マンションの建物自体の耐震性はどうか?

建てられてから一定の期間が経っている中古マンションは、劣化や構造の古さから耐震性に不安が残ります。1981年6月に建築確認を受けているマンションは「新耐震」とされています。もしそれ以前に建てられたマンションや、耐震工事を加えていないマンションは要注意です。

マンションに建て替えの予定はないか?

すでに建てられた中古マンションには、建て替えの予定がある場合もあります。物件を購入してすぐに建て替え…なんて悲劇を避けるためにも、建て替えの話が出ていないか確認しましょう。もしも建て替えの話があるのなら、その時期や工期中の仮住まいなどを詳しく訊ねてみてくださいね。

中古マンションをリノベーションするメリット

費用を抑えられる

中古マンションは、新築のマンションや一軒家と比べて圧倒的に安く購入できます。安く購入した家をリノベーションすれば、資金にゆとりのある状態で希望通りの住まいに整えていくことが可能になるというメリットが得られます。
また、中古マンションであれば、購入できる物件の選択肢も幅広くありますよ。

自分好みに作れる

新築のマンションはどれもつくられた時期が似通っているため、間取りや空間に特色が多くありません。これに対して中古マンションは物件によって建てられた時期が違うため、どれも個性的な部屋になっています。
つまり部屋選びによって、住む本人に合わせたリノベーションが可能ということ。

資産価値の向上になる

リーズナブルな中古マンションも、リノベーションで耐震性や機能、性能をアップさせることで資産価値がぐんと上がります。
これにより、家を手放すときには購入したときよりも高い値段で売れる可能性も高くなりますよ。

立地が良い

近年では新築マンションの建つ土地は限られています。そのため新築マンションだと立地を選べる幅が狭いのです。
そこで、すでにいろんな土地に立っている中古マンションから物件を選べば、自分の希望に沿った立地条件に住むことができます。

知っておきたい…リノベーション基礎知識

PAGE TOP