兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

兵庫でもらえるリノベーションの補助金は?

兵庫で古くなってきた自宅やマンションをリノベーションしたいけれど、費用がかかりそうでなかなか踏み切れない、という人はいませんか。しかし一部のリノベーションは自治体から補助金を受けることもできます。活用できる補助金にはどんなものがあるのか調べてみました。

兵庫でもらえるリノベーションの補助金は?

兵庫ではリフォームやリノベーションに対して、いくつかの補助金制度があります。まずは耐震化リフォームをする際の補助金、次にバリアフリー対策でリフォームをするときの助成金です。それぞれについて詳しくみていきましょう。

耐震化リフォームでは?

兵庫では、自宅の簡易耐震診断で「危険」もしくは「やや危険」という診断が下った場合、耐震化リフォーム工事に対し、補助金を受けることができます。ほとんどの自治体では耐震診断そのものも無料で受けられますので、リノベーションやリフォームを検討中の方は、一度受けておくといいかもしれません。特に、「家が古くなって地震が怖い!」という人は、リノベーションをするかどうかにかかわらず、自宅の現状を把握するためにも受けておいて損はないでしょう。

また、住宅リノベーションやリフォームにあたり金融機関から融資を受ける場合、そのリノベーションが耐震改修工事をともなっていれば、融資額の利子部分を給付してもらうことができます。つまり、耐震リフォームの部分だけでなく、リノベーション全体にかかる費用の一部を補助してもらえるのです。

これは、兵庫県が住宅耐震化の促進事業を行っており、耐震リフォームは住宅リノベーションと一緒に行うのがもっとも効果的だと考えているためです。

昭和56年5月以前に建築された住宅であることや、所得が1200万円以下であることなどの条件はありますが、それらがクリアできる人で、金融機関の融資で家をリノベーションすることを検討している人なら、申し込まない手はありません。

バリアフリーのリフォームでは?

神戸市をはじめ、兵庫県内の多くの自治体では、自宅のバリアフリー改修工事に対する補助を行っています。対象となるのは65歳以上の高齢者がいる世帯で、段差解消のための工事や、手すりの取り付け工事などの費用の一部を補助してもらえます。上限は自治体によって異なりますので、詳しくはお住まいの地域の役場に問い合わせてみましょう。

兵庫県産木材を使ってのリノベーションならお得?

兵庫では、県内産の木材を使って住宅リフォームやリノベーションをした場合に、0.8パーセントの固定金利で最大900万円までの融資を受けられる制度があります。なお、木材すべてが兵庫県産である必要はなく、50パーセント以上使用していればオーケーです。ただし、新築なら返済期間は25年から35年のところ、リフォームやリノベーションの場合は10年以内となります。

返済中に金利上昇の可能性がある変動金利と比べ、固定金利は安心感があるうえに、0.8パーセントという低金利は、なかなか魅力的な条件ではないでしょうか。

地域別の補助金について

ここまで、兵庫県全域でのリフォームやリノベーションにかかわる補助金制度について見てきましたが、住宅関係の補助金制度の内容は、行政によってもけっこう違いがあるものです。ここでは、地域ごとにどんな制度があるのか見ていきたいと思います。

明石市

明石市では住宅リフォーム助成事業を行っており、市内の施工業者を利用して自宅のリフォームやリノベーションを行う場合に、一定の補助金が出ます。これは市内の住宅環境の整備とともに、市内産業の活性化を図るねらいもあるようです。対象となるのは次のような工事です。

  • 省エネや環境に配慮した工事
  • バリアフリー工事
  • 燃えにくい壁紙へのリフォームや屋根の軽量化などの防災工事
  • 防犯ガラスや防犯カメラ設置などの防犯工事
  • 一部増築を含む、住宅設備改善のための工事
  • 費用が20万円以上の工事

人気事業のため、助成を受ける人は抽選で決まります。

加古川市

加古川市でも住宅改造費助成事業として、リフォームやリノベーションの補助を行っています。これは主に高齢者や障がいのある人が住み慣れた住宅で暮らし続けるための制度で、一般型と特別型にわかれています。

一般型とは、世帯主の前年所得が600万円以下で65歳以上の家族がいる世帯が対象となっています。そして特別型とは、同じく世帯主の前年所得600万以下で、さらに介護認定を受けた家族や、障がい者手帳または療育手帳を交付されている家族がいる世帯です。

いずれも助成対象は、2カ所以上の手すりの取り付けと、浴室や居室、トイレ、廊下などの段差解消工事に限り、最高30万円までが給付されます。

また、1997年に発生した阪神・淡路大震災では加古川市でも多くの被害者を出したこともあり、住宅耐震化の補助にも力を入れています。特に建築基準法が改正される前の昭和56年5月以前に建てられた、耐震性の低い住宅を対象に、各種補助金を給付しています。

宝塚市

宝塚市でも、住宅リフォームには補助金が出ます。やはり市内の施工業者を利用した工事が対象となっていますが、明石市と違うのは、「稼働従業員数20人以下の小規模業者」と指定されている点です。工務店は、大手でもなければこのくらいの少人数でやっているところが多いかもしれませんが、できるだけ地元の工務店を応援したいという姿勢が見てとれますね。

こちらの補助額は、工事費用の10パーセント、最大10万円までで、 申込期間は通常、4~5月にかけてとなっています。

西宮市

リフォームやリノベーションで利用できる西宮市の助成制度には、次のようなものがあります。

  • やはり昭和56年より前に建築された住宅の耐震改修にかかる費用を補助する事業
  • 吹き付けアスベストの調査およびアスベスト除去にかかる費用を一部補助する制度
  • 高齢者がいる住宅を対象としたバイアフリー・リフォームの助成事業
  • 空き家を地域コミュニティに開放する場合のリフォーム・リノベーション工事費用を補助する事業
  • 長期優良住宅および低炭素住宅に、太陽光発電や蓄電池を設置した個人に交付する補助金
  • 市内の施工業者を利用した自宅リフォームやリノベーション工事の補助
  • 家の敷地内を緑化する場合の費用補助

たくさんの補助制度がありますね。制度や事業によって担当窓口が異なるので、問い合わせる際は市のホームページを確認してください。

姫路市

加古川市と同じように、姫路市でも住宅改造費助成事業という名で、一般型と特別型のリフォーム助成金制度があり、主に高齢者や障がい者の生活環境の整備を目的としています。

以上、兵庫のいくつかの都市でのリフォームやリノベーションまわりの補助金制度を見てきました。補助額や条件などに細かい違いはあるものの、いずれの市でも、住宅リフォームやリノベーションにかかわる補助金制度は存在するようです。

競争率が高くて抽選になるケースも多いですが、当選すればラッキー! これらの制度を上手に活用して、できるだけお得にリノベーションしたいものです。リノベーションの予定がある人は、普段から申込期間をチェックしておき、チャンスを逃さないようにしましょう。

【目的別】兵庫のリノベーション業者3選

マンション
リノベーションするなら
Qvouリノベ
Qvouリノベの施工事例

中古マンションも新築以上の仕上がりに!マンション探しから頼めるワンストップフローが魅力

戸建て一軒家
リノベーションするなら
こうべリノベーション
こうべリノベーションの施工事例

工務店ならではのフットワークで、一戸建て選びから改築まで行うオーダーメイド対応

店舗&オフィス
リノベーションするなら
9(ナイン)
>9(ナイン)の施工事例

空きビル・ホテル・ゲストハウス・古民家など、多種多様なリノベーションを手掛ける

兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!
兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!