兵庫で一つ世界に一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

玄関

目次

ここでは、これまでに兵庫でリノベーションされた玄関の実例を9点集めました。リノベーションをした玄関は、既存のスタイルからスタイリッシュ・レトロ・アクティブなど自分好みの空間に変えることができます。業者によってオリジナルの設備を設けることも可能です。玄関のリノベーションの雰囲気を、ぜひ感じてみてください。

玄関のリノベーション実例集

武骨でアウトドアな雰囲気を演出

便利で環境の良い我が家に住み続けたいという想いからリノベーションを考え、玄関をコンクリートむき出しのデザインにした事例です。自転車を壁にかけたり、電球をランプシェードなしにしたりすることで、武骨でアウトドアな雰囲気を漂わせています。靴箱のオープン棚は、天井からボルトでつり上げたDIY感たっぷりの仕様。趣味のアイテムが映えるように作られています。

玄関のリノベーション事例1
画像参照元:グリッドデザイン株式会社(http://www.grid-design-kobe.com/pg420.html)

木の温もりとランプが魅せるレトロな空間

扉を開けると、洒落たデザインのランプと16に仕切られた窓が目に鮮やかな玄関です。リビングに続く廊下は木製で温かみがあり、靴を脱ぐのに十分ゆとりのあるスペースを確保。入ってすぐ左側に設置された1人掛けソファが、玄関にレトロ感を演出しています。玄関脇の鏡は、インテリアとしてだけでなくお出かけ前に身だしなみを整えるといった利便性も兼ね備えていますよ。

玄関のリノベーション事例2
画像参照元:G-FLAT株式会社(https://g-flat.co.jp/case/sさんの家-2/)

有孔ボードで機能的な空間を実現

玄関ドアを開けると、リビングに続くこだわりの青い扉を障害物なしに見ることができます。入って右手に、棚を設置しやすくする有孔ボードを高い場所まで取り付けました。上部にフックを取り付け、オープン棚を3つ設置。傘やカギなどの収納場所ができ、靴なども揃えて置くことができます。広く作られた玄関は、靴を履いたり脱いだりするのに便利です。

玄関のリノベーション事例3
画像参照元:G-FLAT株式会社(https://g-flat.co.jp/case/tさんの家/)

オリジナルの木製ドアが映える玄関づくり

玄関に設置された木製のドアは、施工主の好みに合わせて制作したオリジナル。ドアの中心にはまった擦りガラスがオシャレです。入って右手に5段のオープン棚のみをシンプルに設置。目線より上に取り付けることで、靴を選ぶ時に屈む必要がありません。棚を支える支柱は下のほうにも取り付けることができ、棚を増やすことも可能です。

玄関のリノベーション事例4
画像参照元:G-FLAT株式会社(https://g-flat.co.jp/case/kさんの家-2/)

カーブタイプの上がり框で広い玄関に

リノベーションで設置された玄関の上がり框(かまち)は、もともとの空間を広げてななめの「カーブタイプ」を設置しました。土間を広く見せることができ、空間をコンパクトに活用できるモダンなデザインです。ななめにすることで、オリジナリティのある玄関ができあがりました。土間と廊下の段差も低く作られており、バリアフリーも実現できています。

玄関のリノベーション事例5
画像参照元:リノベる。ジャーナル(https://www.renoveru.jp/journal/5124)

玄関を彩るカラフルなモザイクタイル

3人家族が暮らす家をリノノベーションした例です。左手のキッズルームと、右手に見えるウォークインクローゼットは開口部をブルーカラーで塗装。家全体のアクセントになっています。色とりどりのモザイクタイルを並べた玄関框はアール型に配置され、タイル一つひとつが異なる彩りを見せてくれます。個性豊かな家全体のカラフルな配色は、眺めるだけで気分が弾みそうです。

玄関のリノベーション事例6
画像参照元:リノベる。ジャーナル(https://www.renoveru.jp/journal/5124)

色の違う面で見せるスタイリッシュな空間

天井は打ち放しのコンクリートをそのまま見せるクールな演出。壁の左を白、右を黒のモノトーンでまとめ、同系色の自転車がアクティブな雰囲気もかもし出しています。モノトーンの飾りのないシンプルな土間に、上がり框の優しい木の風合いがマッチ。玄関全体が雑誌から飛び出したようなスタイリッシュな空間にまとまっています。

玄関のリノベーション事例7
画像参照元:SuMiKa(https://sumika.me/contents/10142)

猫にも嬉しい広々スペースを実現

リノベーション前の玄関は、やっと靴が履ける程度の面積しかありませんでしたが、リノベーションで玄関を大きく広げました。キャットウォークを兼ねた土間は広々としていて、飼い猫に優しい空間を実現。土間の上部に設けたライトは緑を取り入れてさわやかに仕上げました。ブルーのタイルが白の壁とコントラストを作って鮮やかさを増しています。

玄関のリノベーション事例8
画像参照元:SuMiKa(https://sumika.me/contents/10142)

海を連想する青を取り入れた空間づくり

趣味のアイテムであるサーフボードを、見せる収納兼ディスプレイとして活かせるようにラックを設置。左側の一面のブルーカラーと土間の青を基調としたモザイクタイルが、海の青さを連想させます。右側には壁一面に靴を置ける背よりも高いオープン棚を配置。たくさんの靴も一目で分かるように収納でき、取り出しやすくなっています。

玄関のリノベーション事例9
画像参照元:SuMiKa(https://sumika.me/contents/10142)

玄関リノベーションのポイント

住まいの顔となる玄関は、単に家を出入りするだけの空間ではありません。家を初めて訪れる人にとっては真っ先に目にする場所でもあり、家主の個性や好みまでわかってしまうと言われています。
ここでは家全体の印象を決定づける玄関に個性を与え、さらに便利に使っていくために玄関リノベーションについて押さえておきたいポイント4点を紹介していきます。リノベによって玄関の雰囲気を変えたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

玄関ドア

家の印象を決定づける玄関ドア。最近では既存の玄関枠に新しい玄関枠を取り付けることで施工期間が短くできるカバー工法が増えています。
リノベーションで最も押さえておきたいポイントは、素材・デザインです。家全体の雰囲気を統一させたい場合、和風・洋風それぞれのテーマに沿って素材を選びましょう。色も外壁と同系色でまとめるのが◎。一方玄関ドアに個性や遊び心を盛り込みたい場合には、異なった素材・色を組み合わせる方法もあり、バリエーションはさまざま。防犯面・機密面も配慮しながら選ぶと良いでしょう。

収納

玄関をすっきりと見せるために重要なのが収納です。ここで押さえておきたいのは、スペースと利便性。インテリアとしても重要な収納家具ですが、広い収納スペースを確保したい場合、天井の高さほどの収納家具を選ぶ必要があります。さらに玄関わきに靴の着脱ができるスペースを設けると、玄関がより使いやすい空間に。
出かけやすい玄関をつくるために、収納はとても重要です。スペースを上手に活用して、すっきりとした玄関を目指しましょう。

内装

玄関の内装は、靴を着脱する土間と、玄関ホールの間をつなぐ「かまち」という部分が大きなポイント。土間は外観や耐久性が重視した場合、タイル・石を貼ったコンクリートを用いるのが一般的。
雨水・泥・ほこりなど、外気の影響を強く受ける場所でもある土間。清潔面と安全面を考慮して、耐水性の有無・掃除のしやすさ・滑りやすさの3点をチェックしておきましょう。かまちは段差が大きいと玄関の出入りで苦労することも。高齢者や子供が転んだり躓いたり、靴を着脱する際にバランスを崩す危険にも繋がるので、手すりの設置や簡易椅子を設けておくと良いでしょう。

明るさ

玄関を明るく見せるためには、光の通り道を作ることが大切です。特に家屋が北向きの場合、どうしても玄関が暗くなりがち。また、構造上光が届きにくい家もありますが、多くの場合は窓や吹き抜けを作ったり玄関ドアをガラス入りのものにしたりといったリフォームで、明るさを調節できます。

価格別にみる玄関リノベーションのバリエーション

10万円以下でできる玄関リノベーション

10万円以下でできる玄関のリノベーションの方法はいくつかあります。

下記のような事例は10万円以下で可能です。

  • 玄関用の網戸を設置する
  • 玄関収納の位置変更
  • 玄関収納の設置
  • 壁紙の張り替え
  • 床板の張り替え

大がかりなリノベーションと言うよりは、ちょっと印象を変えたい、使いづらさを解消したいと言った場合の予算が概ね10万円以下に収まっているようです。
住んでいれば毎日目にし、お客さんが訪れた時には最初に目にする玄関は、その家の顔。玄関は10万円以下の安価でも、明るく開放感のある造りにリノベーションが可能です。
玄関をキレイにするだけで、家の印象はぐっと明るく変わります。また、ちょっとした不具合の修理ついでにリノベーションする方も。出入りがしやすく、オシャレになれば毎日の生活もちょっと華やかになりますよ。

50万円以下でできる玄関リノベーション

50万円以下でできる玄関のリノベーションは、主にドア交換です。使いづらさを解消したい、セキュリティを高めたい、印象を変えたいといった理由でドア交換をする方が多いのだとか。ドア自体の価格に加え、ドアを取り付けるための枠の設置の2種類の費用がかかります。

玄関ドアの施工事例

カバー工法による金属ドアの取り付け

  • 金属製のドア:18万円
  • カバー工法によるドアの設置:7万円
  • 総額:25万円

カバー工法は既存のドア枠を残して、玄関ドアだけ取り替える工法です。カバー工法によるドアの設置費用相場は5~10万円ほど。交換するドアの種類を何にするかで、総額が決まってきます。

また、カバー工法での玄関ドア設置ができない場合は、ドア枠から取り付けなければならないため、さらに費用が増える計算に。 ドア枠を残したまま設置できる玄関ドアの中から新しいドアを選ぶか、自分の希望するデザインや機能を持ったものから選ぶのかは施工主次第。分からない点があるなら、信頼できるリノベーション会社に相談してみて考えましょう。

PAGE TOP