兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

アメリカン

若い人に人気のアメリカンスタイル

アメリカンのリノベーションは、開放的で居心地のよさと機能性を兼ね備えたスタイルです。

アメリカンスタイルリノベーション目次

【兵庫】アメリカンスタイルのリノベーション事例集

自然を感じさせる西海岸スタイル

趣味を楽しむ西海岸スタイルの家です。リビングは開放的で木と白い壁、そしてブルーを使ったファブリックや内壁など、空と海と山をイメージするデザイン。アイランドキッチンは木のぬくもりと機能を重視。リビングとつながるワークスペースはガラスで仕切られ奥行きを出しています。室内にハンモックを置くなどオーナーの趣味や癒しの時間を演出しています。

アメリカンリノベーション施工事例1西海岸
画像参照元:Qvouリノベ公式HP(https://q-reno.jp/case/detail03.html)

珪藻土を生かして開放感を演出

開放的な空間を確保するために和室とリビングを繋げて広々としたリビングを実現。サイドにある2部屋の間取りを整えてダイニングキッチンを広くして収納も確保。フローリングを無垢材に、壁を珪藻土にすることでナチュラルで開放感のあるモダンなアメリカンスタイルを実現しました。

アメリカンリノベーション施工事例2珪藻土仕様
画像参照元:ゆめや公式HP画像(http://yumeya.com/?p=251)

アンティーク調のレトロアメリカン

アンティークにこだわり重厚な雰囲気を持ちながら開放感のあるスタイルに。ヘリンボーンのフローリングとキッチン部分に使用したタイル、モルタルの土間など異素材使いでアクセントを持たせています。仕切り壁をあえて作らないことで広々とした空間になりました。他にはない世界観がアメリカナイズの古い倉庫のような雰囲気を持たせています。

アメリカンリノベーション施工事例3レトロ調
画像参照元:リノベる。公式HP画像(https://www.renoveru.jp/renovation/19)

繋がりと遊び心あふれるアメリカンスタイル

LDKから子供部屋までの吹き抜けは家族の繋がりを演出。またオーナーのコレクションである60~70年代のアメリカンヴィンテージ雑貨を飾ったり、階段の手すりには昔拾ってきた流木を設置したりと遊び心あふれるスタイルを演出しています。


画像参照元:ウィル公式HP画像(http://www.wills.co.jp/reform/example/244/)

ワイルドとラフを融合させたアメリカンな空間作り

塗装された鉄骨がワイルドさ醸し出します。吹き抜けにすることで広々とした空間を演出し、床にパイン材、壁に漆喰で自然素材にすることでハイクオリティを実現。キッチンの仕様や家具もアメリカンな雰囲気に統一し、ワイルドかつラフなアメリカンスタイルの世界観を再現しています。


画像参照元:リノベりす公式HP(https://renoverisu.jp/case/p/lohas_studio-american_vintage_tr_sto5/)

古き良きアメリカをイメージさせるリノベーション

昭和48年築の戸建て住宅をリノベーションした事例。最大の特徴、LDKと土間が続いていて、土間にはバイクの出し入れができる大開口の窓が設けられていること。窓の下枠にステンレスを使用するなど、細かなこだわりを盛り込んでいる点も見逃せません。LDKの壁面には、構造用合板をランダムに貼り付けています。絶妙な無造作感がアメリカンヴィンテージを感じさせます。生活感が現れがちな冷蔵庫をオーダーメイドの格子戸で目隠ししている点もポイント。構造用集成材を使って造作したキッチンカウンターと相まって良い雰囲気を出しています。ちなみに、こだわり抜いたLDKの様子は、2階の寝室に設置した窓から眺められるようになっています。


画像参照元:アメリカンヴィンテージスタイル公式HP画像(https://www.wills.co.jp/reform/example/244/)


遊び心を詰め込んだレトロアメリカンな住宅

築45年の戸建住宅をリノベーションした事例。どことなくアメリカを感じさせるレトロな雰囲気が魅力です。懐かしいなかにお洒落さを感じられる理由は、さまざまなこだわりが詰め込まれているから。例えば、リビングの梁を利用してハンモックが取り付けています。お休みの日はパパやママの日向ぼっこに、普段は子どもたちの遊び場になるはずです。壁の一部を黒板にしている点もこだわりポイントと言えるでしょう。お洒落なイラスを描いて室内をカフェのように演出することや子どもたちがお絵描きを楽しむことなどができます。遊び心をたっぷりと詰め込んだリノベーションです。


画像参照元:G-FLAT公式HP(https://g-flat.co.jp/case/s%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AE%B6-2/)

土間納戸を設けた利便性の高い家

築41年の戸建住宅をリノベーションした事例。全く古さを感じない理由は、劣化が目立ちやすい階段を新しくしているから。築41年の建物が新築のようによみがえっています。リノベーションの大きなポイントとなっているのが、土間納戸を設けていることです。土間の壁面にはパンチングボードを設置して鍵やアクセサリーなどをかけられるようにしています。収納力と利便性を高めるだけでなく、お部屋の印象を味わい深くしている点がポイントです。派手な装飾などは見られませんが、美しさとお洒落さを感じられます。


画像参照元:G-FLAT公式HP画像(https://g-flat.co.jp/case/m%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AE%B6-2/)

温かなLDKと趣味や仕事に熱中できるワークスペースが魅力

築23年のマンションを改築した事例。温もりを感じられるLDKは、ポートランドにあるお洒落なカフェのよう。贅沢な時間を予感させます。もうひとつの見どころとなっているのが、自宅でも作業ができるように作られたワークスペースです。ガラス張りになっているので、家族の様子を見ながら趣味の時間を楽しむことや仕事に取り組むことができます。動線にこだわっている点も、この事例の特徴と言えます。寝室からLDKへの動線は、ワークスペース・ウォークインクローゼットを経由するルートと廊下を経由するルートが用意されています。その日の気分や家族のライフスタイルに合わせて移動できるので、快適な暮らしを送れるはずです。


画像参照元:G-FLAT公式HP画像(https://g-flat.co.jp/case/%EF%BD%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AE%B6-2/)


時の経過が味わいになるリノベーション

神戸の景色を一望できる中古マンションをリノベーションした事例。ポイントは、壁や天井などを解体してスケルトン状態にしてから間取りを再構築していること。施主のライフスタイルに合わせたお部屋が完成しています。見どころのひとつとして挙げられるのが、広々としたリビングです。ナラ材の無垢フローリングがアメリカンテイストな空間を演出しています。自宅でも仕事ができるようにワークスペースを設けている点もポイントです。お部屋の壁材や枠材には自然素材を使用しています。時間の経過とともに味わいを増すので、経年変化を楽しめます。一緒に時を重ねるのが楽しみになるリノベーション事例といえるでしょう。


画像参照元:G-FLAT公式HP画像(https://g-flat.co.jp/case/%EF%BD%88%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AE%B6/)


アメリカンスタイルが得意なリノベーション会社3選-兵庫版-

業者名特徴詳細ページ
QvouリノベGOOD DESIGN AWARD受賞のリノベーション会社。高いデザイン力が特徴。アメリカンスタイルを完璧に実現してくれる。物件購入からリノベーションまでワンストップで行なえる点も魅力。

Qvouリノベ
の詳細はこちら>>

リノべる。全国展開しているリノベーション会社。さまざまなニーズに応えられる引き出しの多さが魅力。もちろん、アメリカンテイストも得意。資金計画セミナーなども行なっている。

リノべる。
の詳細はこちら>>

ウィル不動産阪神エリア内に10店舗を展開する不動産会社。ワンストップで不動産の購入・設計・ローンまで行なえる総合力が魅力。

ウィル不動産
の詳細はこちら>>

アメリカンスタイルとは?

自然素材や装飾の少ないシンプルなスタイルで、自分らしさを重視するのがアメリカンテイスト。趣味を楽しむ人やナチュラルな生活を希望する人に最適な家です。アメリカ国内でも、アーリーアメリカンスタイルの住宅が今でも人気。神戸のリノベーションでは、アメリカ映画に出てくるような広い芝生の庭はなくても、家の中で十分に開放感を楽しめる空間を生かしたデザインが人気になっています。

アメリカンスタイルの特徴って?

日本の住宅とは異なり庭からリビング、ダイニング、キッチン、バスルームまで、広々とした空間が魅力のアメリカンスタイル住宅。

玄関コラムやカバードポーチ、窓飾り、大きなゲーブルが組み合わさった外観デザイン、ビルトインガレージ、バルコニーなど、外から見ているだけでも、その造形美に心打たれる人も多いのではないでしょうか。

アメリカンスタイルと一口に言っても、さまざまなスタイルがあります。
カバードポーチやドーマーを載せた切妻屋根が印象的な「アーリーアメリカンスタイル」、英国チューダースタイルを受け継いだ、傾斜がある切妻屋根、ハーフティンバーが印象的な「チューダースタイル」、自然素材を使用した温かみのある「カントリースタイル」、ヴィンテージ感とカジュアル感のある「カルフォルニアスタイル」などがあります。

アメリカンスタイルの歴史とは?

アーリーアメリカンスタイルは、イギリス植民地時代のアメリカで、意欲的に建築された住宅に使用された建築様式を原点として、それをアレンジして現在のような住宅になりました。
チューダースタイルは1485年~1603年のイギリス・テューダー朝に由来したものを受け継いでいます。
アメリカンカントリーはアメリカの開拓時代がルーツになっており、長い歴史を持っています。

こんな人にアメリカンスタイルはオススメ!

アメリカンなインテリアや雑貨が好きな人はもちろん、アメリカンスタイルには平屋が多いため、比較的広い敷地のある場合におススメのスタイルです。

アメリカンスタイルは好きだけど敷地はそんなにない、という人でも、玄関や廊下をあえてつくらず、その分バスルームをふやしたりリビングをひろくとったりなど、アメリカの合理的な考えを活かした家づくりが可能です。

アメリカンスタイルなインテリア選びのポイントとは?

「アメリカンインテリア」と一口にいっても、ラグジュアリーからカジュアルまでさまざまなにテイストがあります。テイストごとに分けるのではなく、上手に組み合わせて作ることも楽しめます。

アーリーアメリカンテイストで代表的なのは星条旗。星条旗柄のクッションカバーやマット、小物、またタペストリーとして壁に貼るなど、ポップな感じで飾っているアメリカのお家も多いようです。またデニムもアメリカンカントリーを演出するためのアイテム。ソファのカバーやカーテン、クッションカバーなどをデニムに変えるだけでアーリーアメリカンテイストに早変わりします。

カントリーアメリカンテイストは、なんといってもパイン材。テーブルやチェアー、チェストなど、シンプルデザインなのに装飾が施された脚のパイン材の家具は非常にエレガントです。

【目的別】兵庫のリノベーション業者3選

マンション
リノベーションするなら
Qvouリノベ
Qvouリノベの施工事例

中古マンションも新築以上の仕上がりに!マンション探しから頼めるワンストップフローが魅力

戸建て一軒家
リノベーションするなら
こうべリノベーション
こうべリノベーションの施工事例

工務店ならではのフットワークで、一戸建て選びから改築まで行うオーダーメイド対応

店舗&オフィス
リノベーションするなら
9(ナイン)
>9(ナイン)の施工事例

空きビル・ホテル・ゲストハウス・古民家など、多種多様なリノベーションを手掛ける

兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!
関連ページ
見に行きませんか?【テイスト別】神戸のリノベーション事例
兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!