兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

北欧

大自然を感じさせる北欧スタイル

北欧スタイルは、自然に包まれた北欧をイメージして木材を使ったナチュラルな内装や家具を使ったスタイルです。北欧というと、木や空といった大自然に包まれて冬になると雪で覆われたイメージがありますね。

北欧スタイルリノベーション目次

北欧スタイルのリノベーション事例集

ダークブラウン基調にやわらかな照明

ヨーロピアンな雰囲気を取り入れたデザインで、ダイニングは落ち着いたダークブラウンを基調とした造りと柔らかい照明に、リビングはボールのような照明をランダムに天井からぶら下げて大きな窓からの採光で明るい部屋に。レザーのソファを置いて空間に重みをもたせました。洗面台やバスルームも木柄を生かして落ち着いた広い空間にしました。

北欧スタイルリノベーション施工事例1ダークブラウン
画像参照元:グリッドデザイン公式HP画像(http://www.grid-design-kobe.com/pg340.html)

ビタミンカラーを用いて温かみを

メゾネットタイプの吹き抜けマンションをより広く使うためあえて1LDKに。白を基調にオレンジやイエロー、レッドなどのビタミンカラーを取り入れたパリのおしゃれな雰囲気を演出。ミラー効果で広さをもたせ、ベッドルームは隠れ家のように。放射冷暖房システムを採用してパイプを通る水の循環で温度調節をするクリーンな環境とデザイン性、ランニングコストダウンを実現しました。

北欧リノベーション施工事例2ビタミンカラー
画像参照元:遊公式HP画像(http://www.planning-you.com/works/mansion/w_warmth.php)

白とゴールドの統一感

フレンチテイストを目指した白とゴールドに統一された室内。部材や廻り縁など細部の装飾にもこだわりました。トイレや廊下は大胆なクロスを取り入れて遊び心を。30帖のリビングは周辺の部屋の壁と取り除き繋いで空間を確保。キッチンもオープンタイプにして子供たちの様子がいつも見られるよう配慮しています。

北欧リノベーション施工事例3白とゴールド
画像参照元:ミオデザイン公式HP画像
(http://www.reform-mio.com/?p=892)

オープンオフィスがモチーフ

趣味を楽しみたいという退職後のご夫婦の希望に合わせ、オープンオフィスのようなデザインに。それぞれのワークスペースの確保やオープンな空間を創り出すために2つの部屋を合わせて広いLDKに変更。断捨離でこれから必要なものに物を厳選することで収納をすっきりとさせることができました。間接照明とインテリアで温かみを演出しています。

北欧リノベーション施工事例4オープンオフィス
画像参照元:ゆめや公式HP画像(http://yumeya.com/?p=170)

木の素材を活かしてナチュラル風に

テーブルや床材など木材を多く使用することでナチュラルな仕上がりになっています。ソファはベージュにしたりと家具はシンプルで落ち着いた色で揃えながら、ビビッドカラーの北欧ファブリックを挿し色にすることで明るく楽しい雰囲気を演出しています。


画像参照元:リノベる。HP画像(https://www.renoveru.jp/journal/1336)

青をアクセントにした北欧風を演出

白と基調とし、収納も壁面にすることでシンプルな作りに。椅子や電球カバーに挿し色として入れた青が北欧スタイル演出のポイントです。シンプルなまとめたからこそ掛け時計やタイルなどのお気に入りアイテムが活きる仕様となっています。


画像参照元:ウィルHP画像(http://www.wills.co.jp/reform/example/138/)

北欧スタイルが得意なリノベーション会社3選

業者名特徴詳細ページ
アイデア力が自慢のリノベーション会社。施主の理想を超えるプランを提案してくれる。独自の方法で算出する費用面にも強みを持っている。


の詳細はこちら>>

ミオデザイン女性社長が女性のための家づくりを行なっている。妻目線・母目線で考えた気配りの行き届いたリノベーションが魅力。物件探しも依頼できる。

ミオデザイン
の詳細はこちら>>

ゆめや神戸に2店舗を構えるリノベーション専門会社。28年の実績が特徴。得意としているのは、希望をふまえて生活しやすいデザインを施すこと。北欧テイストで暮らしやすい住まいが完成するはず。

ゆめや
の詳細はこちら>>

北欧スタイルとは?

良質な木材が生産される北欧では、家や家具作りに木材が使用されていて、北欧家具などは高値で販売されることもしばしば。ピーターラビットの世界のような造りこまれた美しい造作とシンプルな木の味わいが知られていて、じっさいには高級感のあるどっしりとしたものが多いようです。

シンプルで機能的なこれらの家具や家は、ナチュラル志向の若い人たちにも人気の高いデザインです。カラーは白を基調としているものが多いのが特徴。また、リビングなどに大きな気を遣ったテーブルを置くのも主流で、木が部屋の中心で存在感を示しています。

最近では、クッションやいすなどファブリックでアクセントを置く人も多いようです。バラバラなようでまとまりのある空間づくりにはコツがいりますが、遊び心をもたせる家として楽しめる面もあります。

北欧スタイルの特徴って?

一般的に北欧スタイルとは、自然素材の明るめの色をベースに、機能性を重視したシンプルな家具、ナチュラルな色彩、アクセントカラーによりメリハリをつけたスタイルのこと。白っぽい色基調とし、清潔感のあるデザインが多いです。

ただ明るくみせるのではなく、ナチュラルな中にも季節を感じさせる自然の色彩が盛り込まれており、アクセントカラーには動物や植物などで遊びごころが加わったデザインのカーテンやラグ、またカラフルなソファや小物を使い、空間をなごませるのが特徴です。

スウェーデン発祥の大手家具メーカーIKEAが日本に上陸してからは特に、北欧スタイルの人気は年々高まっています。

北欧スタイルの歴史とは?

北欧スタイルの白っぽい色を基調としている背景には、暗い時間を明るくするという目的があります。

北欧は北ヨーロッパ地方、主にノルウェー、スウェーデン、デンマークのスカンジナビア諸国、フィンランド、アイスランドなどの国々を指します。
雪に閉ざされ寒く厳しい地域の北欧は、日照時間が短いため、人々は暗くて寒く、長い時間を、家の中で過ごすことになります。そのため快適な部屋にすることを心がけているようです。

室内で過ごす時には家族が目を楽しませるものや、居心地良いインテリアに囲まれた生活を大切にしているのです。

こんな人に北欧スタイルはオススメ!

北欧スタイルは「家の中で家族が居心地よく過ごせるように」いう思いが原点にあります。寒い時期でも温かい気分になれるよう飾り棚やニッチを取り入れて、お気に入り雑貨や思い出の詰まった家族写真などを飾ったり、幾何学模様などの生活雑貨を揃えたり。

家族みんなが明るく楽しく優しい気持ちになれるよう、空間を演出した人におすすめとのスタイルです。

インテリア選びのポイントとは?

部屋の中は自然素材の、白い壁・天井、ベージュの床といった明るめの色をベースにしているため、家具や小物で多様な組み合わせが楽しめる北欧スタイル。

アクセントを季節に合わせて変えれば雰囲気を簡単に変えることもできます。カーテンやソファカバー、クッションカバーなどのファブリック類だと手軽にとりかかれます。

より北欧っぽくしたいなら、青や黄色、赤など、カラフルで大胆な柄のテキスタイルがおすすめです。

また、照明を巧みに取り入れることで、ホッとする空間をつくるのが北欧風。スタイリッシュでデザイン性の高い照明器具が多く、インテリア作りにおいて、欠かせないキーポイントとなっています。

関連ページ
見に行きませんか?【テイスト別】神戸のリノベーション事例
兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!