兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

丹波篠山市

丹波篠山市ってどんな街?

兵庫県の中東部に位置する丹波篠山市は、恵まれた気候風土により農業が盛んで自然豊かな地域で、よく読み間違えられるのですが「シノヤマ」ではなく「ササヤマ」です。また、京都と兵庫の間に位置しているので京都府の中にあると間違えられたりもします。

大自然が育てた特産物がたくさん

「丹波栗」「丹波松茸」「猪肉」「丹波黒大豆」「丹波山の芋」「丹波篠山牛」「丹波篠山コシヒカリ」などが有名ですが、丹波篠山の気候を利用して他にもたくさんの特産物が育てられています。

中でも「丹波栗」の歴史は長く、持統天皇が栽培を奨励したとも言われ、古事記や万葉集、日本書紀にも登場するほど古くから知られ、平安時代の中頃につくられた「延喜式」という法典には、丹波の国の名産品として栗の名が紹介されているそうです。

自然と歴史の面影が色濃く残る町並み

丹波篠山市は篠山城を中心とした城下町。町を歩いているだけで昔にタイムスリップしたような、古くから残る建物がたくさんあります。

また、見渡すかぎりの山々に囲まれた丹波篠山は、自然が豊かで空気が澄んでいることから森林浴や登山、サイクリングやドライブなど自然を満喫できる遊びで日々の疲れを癒すことができます。

大河ドラマ「麒麟がくる」で注目!

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、明智光秀が主役。実は丹波篠山市は、明智ゆかりの地でもあるのです。

市では大河ドラマを積極的に観光PRにも活用しており、丹波篠山市商工観光課ではPRサイトも立ち上げています。

これは、明智光秀の母、お牧が丹波篠山市の高城山で処刑されたとされる伝説を劇画調のイラストと一般市民が参加したショートムービーで紹介しているもので、同市の歴史と情緒に思いを馳せられる内容になっています。

丹波篠山市の助成金事情

丹波篠山市では、市民が一体となって定住促進「ふるさと丹波篠山に住もう帰ろう運動」に取り組んでいます。また、京阪神からも約1時間という交通が便利なところであり、若年世帯の住宅取得や移住支援などの事業に積極的です。丹波篠山市内で住まい探しを考えている方は、ぜひ活用してください。

丹波篠山市若者定住支援住宅補助金制度

若者の定住促進、子育ての支援、市内産業の活性化を目的に、丹波篠山市に定住する意思のある方に対して、住宅の新築または改修または購入をする場合10万円~136万円の助成をする制度です。

丹波篠山市空き家活用支援事業補助金制度

丹波篠山市内の空き家の有効活用による定住促進と空き家の減少を進めることを目的に、市内の一戸建ての空き家を改修し、住宅や事業所等として活用しようとする方に、その改修費の一部を助成する制度です。

子育て世帯定住支援補助金制度

丹波篠山市では、市内の東部・北部地区を「定住促進重点地区」に位置づけ、若者の定住を重点的に支援するため住宅の新築や改修等への助成や子育てを応援する制度を設けています。若者世帯の定着を図ること並びに子育て世帯の経済的負担の軽減を図るため保育園・認定こども園・幼稚園在園児を除く未就学児の子ども1人当たり3万円を助成する制度です。

丹波篠山市の街情報(2019年時点)

  • 人口総数:44,524人
  • 世帯数:17,750世帯
  • 総面積:377.59㎢

※情報参照:丹波篠山市役所ホームページ(https://www.city.sasayama.hyogo.jp/

兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!