兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

子育て世帯がリノベーションする理由&施工事例

q-renoHP
引用元URL:https://q-reno.jp/

趣味やライフスタイルを表現するためのリノベーションとは別に、結婚や出産、子育てなどのライフイベントに合わせたリノベーションも多く行われています。後者は実用性や利便性を重視するリノベーションとなりますが、せっかくリノベーションするのならば、少しでもオシャレで快適な空間も意識していきたいものですね。ここでは、大きなライフイベントの一つである「子育て」の視点から、様々なリノベーションについて考察してみたいと思います。

子育て世帯がリノベーションをする理由とは?

リノベーションを検討する理由には様々ありますが、それらのうち、大きな理由の一つとされているのが子育て。子育ての段階に入った世帯が自宅をリノベーションしたり、中古物件を購入してリノベーションしたりする事例は、非常に多く見られるようです。

当然ですが、子育てする上でリノベーションが「必須」となるわけではありません。それにも関わらず、なぜ多くの子育て世帯はリノベーションを検討するのでしょうか?その主な理由を考察してみました。

子供の成長に応じて間取りを変更したほうが良いから

子供は、あっという間に成長していくもの。わずか数年で、体はもちろん、心もみるみる成長していきます。

だからこそ、子供の成長に合わせて、間取りの変更が必要になることもあるでしょう。特に思春期に差し掛かった子供は、大半が一人部屋を欲しがるもの。部屋にこもりっきりになることは問題ですが、逆に、思春期に一人部屋がないことも問題かもしれません。子供部屋として適切な一室がなければ、リノベーションして増室することも選択肢となるでしょう。

家族全員が顔を合わせやすい場所を作りたいから

子供部屋を設ける一方で、子供が自室にこもりっきりになってしまっては問題。家族全員の信頼関係や絆を深めるためには、家族で一緒に過ごす空間も必要です。

通常、家族全員が一緒に過ごす空間はリビング。皆で過ごせるよう広めのリビングを検討したり、リビングを通らなければ他の部屋に移動できない設計にしたりなど、子育て世帯はリビングのリノベーションに力を入れる傾向があるようです。

家事をしながら子供の安全を見守りたいから

まだ小さい子供の安全を見守ることは親の義務。しかしながら、そうとは言え、掃除・洗濯・料理・買い物などの家事に追われている親にとって、子供の安全を十分に見守りながら家事全般も完璧にこなすことは、決して容易ではありません。

そのような世帯にとって有効な解決策の一つがリノベーション。たとえば、壁に面したキッチンを対面式に変えれば、料理をしながら子供の安全を見守ることができるでしょう。

快適で健康に良い素材を使いたいから

小さな子供がいる世帯では、見た目や肌ざわりが良く、かつ健康に良いとされる無垢材を使用したリノベーションが人気のようです。無垢材のフローリングなら、夏でも冬でも素足で快適に過ごすことが可能。また、化学素材によるアレルギーの心配もほとんどありません。

リビングを広くするリノベーションが多く見られる

よく見られるリノベーションにはたくさんのパターンがありますが、それらの中でも特に子育て世帯から選ばれるリノベーションが、リビングを広く確保するタイプのもの。遊びも教育も、家族全員が共有する広いリビングで行いたいという世帯が多いようです。

以下、実際の子育て世帯が行ったリノベーション事例を見てみましょう。

天然無垢材をふんだんに使った明るいリビング

明るいリビング
引用元:wakuwaku RENOvation MAGAzine
引用元URL:https://beat0909.com/wakuwakublog/renovation_tisiki/kosodate-reonvation/

見た目も肌ざわりも良い天然無垢材をふんだんに使ったLDK。子どもを見守りながら料理ができるよう、キッチンは対面式にしています。リビング内にオレンジの小さな秘密基地を設けるなど、子どもも大人も楽しめる空間に。

遊びを通じて子どもの自主的な行動力が養われる仕組み

子供部屋
引用元:SUVACO
引用元URL:https://suvaco.jp/doc/equip_child-rearing_renovation-150714

子どもの目線の高さに、たくさんの収納を設置。遊びから片づけまでを自分でできる仕様にすることで、子どもの自主的な行動力が養われるのではないでしょうか?内側の壁にはボルダリングホルダーが設置されています。

家族全員が集える回遊動線リビング

リビング
引用元:東京ガスリノベーション
引用元URL:https://rm.tgrv.co.jp/jirei/18-05-1715/

夫婦共働きで子育て中の世帯。「家事の時短と家族交流の場の設置」を目的に、LDKを全面的にリノベーションしたそうです。子どもが遊ぶ様子を夫婦で見守ることができる広々としたリビングと、家事効率が上がる回遊動線が特徴。

複数台のベビーカーを置ける広々とした玄関土間

室内テラス
引用元:Sumai
引用元URL:https://sumaiweb.jp/articles/73515

子育て中心の発想で、メリハリのあるリノベーションを考えたという施主さん。子育て中のママ友が来訪しやすいようにと、複数台のベビーカーを置ける広めの玄関土間を設けたそうです。ママ友たちからは大好評とのこと。

兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!