兵庫・神戸でただ一つの家…あなたに送るリノベーション情報!

もう家から出たくない!
床暖房リノベの魅力・ポイントとは?

公開日: |最終更新日時:

暖炉

寒冷地ではもとより、昨今では地域を問わず全国で多く見られるようになってきた床暖房。
常に足元から伝わるその暖かさには、エアコンや石油ファンヒーターとは異なり、どこか安心感や優しさがあります。
ここでは、リノベーションで床暖房の設置を検討している方に向け、床暖房の主な種類や床暖房を設置することのメリット・デメリット、床暖房にリノベーションするときの注意点・ポイントについてまとめました。

改めて床暖房とは?

床暖房とは、床下に設置した熱源により部屋を暖める暖房装置のこと。エアコンや石油ファンヒーターなどに比べ、部屋全体が暖まるまでの時間は長くかかりますが、いったん部屋全体が暖まると、逆に冷えにくく快適な空間が長く維持されます。

一口に床暖房とは言っても、装置の特徴に応じ、大きく「電気式床暖房」と「温水式床暖房」の2種類に分けられます。それぞれの特徴を見ておきましょう。

電気式床暖房

電気式床暖房とは、床下に電熱線パネルを設置する方式の床暖房。シンプルなシステムなので、大概の住宅に設置することが可能で、かつ工事も1日程度と短期間で終わります。

後述する温水式床暖房に比べれば工事費用は安く済みますが、暖かさにムラが出てしまうことや、使用方法を誤ると低温ヤケドのリスクがあるといったデメリットもあります。

温水式床暖房

温水式床暖房とは、床下に温水を流すパイプを設置する方式の床暖房。電気式床暖房に比べるとやや難しい工事となるため、工期に3日程度を要することもあります。

電気式床暖房に比べて工事費用は高めになりますが、電気式よりも暖まり方が均一かつスピーディといったメリットがあります。また、電気式に比べて、温水式床暖房はランニングコストが安くなります。

床暖房を設置することのメリット・デメリット

多くのメリットがある床暖房ですが、実際に床暖房のリノベーションを検討する際には、メリットだけではなくデメリットにも目を向けるようにしましょう。床暖房のメリット・デメリットを見てみます。

メリット

足元から暖まる

温かい空気は上に向かうため、エアコンやファンヒーターを付けても、なかなか足元が暖まりません。その点、床暖房の場合は足元から暖まる暖房器具なので真冬でも快適です。

空気が乾燥しにくい

エアコンに比べ、床暖房は部屋を乾燥させにくいことが分かっています。風邪やインフルエンザを予防につながることに加え、肌が乾燥しにくくなることによる美容上のメリットも得られそうです。

ホコリが舞いにくい

エアコンやファンヒーターとは異なり、床暖房には空気の循環がないため、ホコリやダニ、ペットの毛などのアレルゲンが舞いにくくなります。

部屋全体が均一に暖まる

エアコンやファンヒーター、電気カーペットなどとは異なり、床暖房は部屋全体を均一に暖める点が特徴です。

掃除が楽になる

壁に設置するエアコンや床に直置きするファンヒーターなどとは異なり、床暖房は器具の場所をとりません。器具の手入れが不要となり、かつ、床の掃除も楽になります。

同じ部屋に家族が集まるようになる

快適な床暖房のある部屋だからこそ、自然と家族はその部屋に集まるようになります。一家団らんの時間が増えることでしょう。

デメリット

部屋が暖まるまでに時間がかかる

スイッチを入れてから部屋全体が暖まるまでに、30分~1時間ほどの時間がかかります。この点はエアコンやファンヒーターのほうが優れていると言えるでしょう。

初期費用が高い

床暖房を設置するには大掛かりな工事が必要。当然、初期費用も安くはありません。

床暖房にリノベーションする際の注意点・ポイント

床暖房にリノベーションをする際の注意点・ポイントとして、以下2点を押さえておきましょう。

床暖房を設置する場所をよく考える

部屋面積の5~7割ほどの広さで床暖房を設置すれば、部屋全体を十分に暖めることができます。よってソファやタンスの下などではなく、露出している床部分に床暖房を設置すると良いでしょう。

床暖房に適したフローリング材を使用

一般的な合板フローリングは熱に弱いので、床暖房の影響で反りやひび割れが生じやすくなります。よって床暖房を設置する場合には、改めて床暖房に適したフローリング材を使用するようにしましょう。仕上げ材としては、熱に強いコルクや床暖房専用のフローリングがおすすめです。

兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!

PAGE TOP 兵庫でおすすめのリノベーション会社3選!